おもてなしに役立つ英会話フレーズと異文化を、楽しみながら学べる講座です

Welcome to JAPAN お・も・て・な・し 英語

  • 受講期間:3か月
  • 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)

受講対象者:接客業全般の方。観光地での案内、観光客の方と関わりのある方。
外国の方とのコミュニケーションに役立てたい方など。

言葉と振る舞いで
「心」を伝える。
そのために知っておきたい
文化とフレーズが満載です。

学習のねらいと講座の特色

● 心からもてなす気持ち、きちんと英語で伝えませんか?
世界でも高く評価される日本の細やかなおもてなし。しかし、そんな気持ちとは裏腹に、日本以外では失礼にあたってしまう気配り行動、謙遜のつもりが誤解を生んでしまうフレーズというのは少なからずあります。異文化を理解しながら、おもてなしの気持ちをきちんと伝えるフレーズを身につける、それが本講座のねらいです。
● 外国目線のホスピタリティがわかる!
といっても単なる「接客英語」ではありません。日本語ならではの伝えにくい表現や英語で間違いやすいフレーズを中心に、日本と世界の違いを解説しながら、私たちが外国人観光客の方たちと接する機会やシーンを想定して、そのなかで相手が本当に嬉しいと感じてもらえるための英語表現をしっかり解説していきます。
接客業の方はもちろん、旅行好きの方まで。文化の違いや自国の文化をもっと知りたいという方も、楽しみながら学べる内容です。
● 「こういう日本語、英語でなんて言う?」が解決します
日本は、謙遜の文化や婉曲な言い回しなど独特の価値観や文化があります。そここそが日本的なおもてなしなのですが、いざそれを英語でいうにはどういえばいいのか困ることも多いのではないでしょうか?直訳では意味が違ってしまうし、考えすぎると返ってわかりにくいフレーズになってしまうなど、そんなもどかしいところを解消できるフレーズが学んでいくことができます。

ここが違う!コースの特徴

● 「おもてなし英語」講座の5つの特徴
本講座は、単にフレーズを学ぶことが目的ではなく、おもてなしの切り口からフレーズの使い方や意味の違いなどをしっかり解説していきます。英語のニュアンスの違いや異文化理解に興味のある方、外国人観光客の方々によく話しかけられる、などという方などはぜひ知っておいて欲しい内容です。

  • 特徴その①:実は間違っていた!実は喜んでもらえる!といった外国人目線のホスピタリティがわかる
  • 特徴その②:日本ならではの思いやりやおもてなしの気持ちを、正しく伝えるための簡単フレーズ&テクニックがわかる
  • 特徴その③:異文化理解が深まり、自国の文化を知ることができる
  • 特徴その④:シーンに合わせた会話例や用語、コラムで楽しく学べる
● 郵便でもWebでも提出できる
本コースは、通常の郵便での添削とWebでの添削(快速てんさ君)のどちらかを選択することができます。お申し込み時にA.通常郵便での添削 B.Web添削【快速てんさ君】のどちらかをご指定願います。
※ご記入がない場合は、郵便添削とさせていただきます。
【快速てんさ君】の詳細はこちら
Web添削は、全6回(1ヵ月ごとに選択問題編・記述問題編の2パターン)を提出します。
● 「こういう日本語、英語でなんて言う?」が解決します
日本は、謙遜の文化や婉曲な言い回しなど独特の価値観や文化があります。そここそが日本的なおもてなしなのですが、いざそれを英語でいうにはどういえばいいのか困ることも多いのではないでしょうか?直訳では意味が違ってしまうし、考えすぎると返ってわかりにくいフレーズになってしまうなど、そんなもどかしいところを解消できるフレーズが学んでいくことができます。
● 受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
https://iec.co.jp/pazz/
pazz

 

講座カリキュラム

1か月目
おもてなしのための基本英語
1章 おもてなしの基本表現
間違いやすいmeetとsee/接客ではcanよりmay/オールマイティなYou're welcome/必要なplease,不要なplease/いってらっしゃいはhave a nice day 他

2章 間違いがちなカタカナ英語
目覚ましの電話だからwake-up call/サラリーマンはoffice worker/styleは、服装や髪型に使う言葉/マニアックな人がmaniac 他

3章 マナーにかなったおもてなし
男性にはsir,女性にはma'am/無言で渡さずHereを使う/言葉に詰まったときのLet me see,,,/楽しみに待つはwaitよりexpect/使いこなせると便利なsound 他

4章 印象アップのおもてなし表現
時間節約にもなる事前のひと言/トラブル回避のひと言/控えめに使いたいrecommend/調味料の説明で役立つgo well with/飲み物・食べ物のお代わりはanother 他
2か月目
外国人が喜ぶ&
日本らしいおもてなし
1章 日本語ならではの気遣い表現
お礼に続けてお構いなく/気遣い=concernを使って表現/「家にいるように」という表現で/喜びを表すhappyで好印象/すべて持ちましたかと尋ねる 他

2章 ゲストが喜ぶ日本流のおもてなし
外まで手を貸すという表現で/階数はon the...floor/定刻はon schedule/地図を描くはwriteではなくdraw/無料はno charge/食べ放題はall you can eat 他

3章 心が伝わらない残念フレーズ
つまらないものですがはNG!/「頑張って」は「あなたならできる!」のひと言で/「お疲れでしょう」はねぎらいにならない/家族についての謙遜はNG/恥ずかしがらずに喜びは素直に 他

4章 丁寧なお断りと注意のフレーズ
言いにくいことはseem to/Pleaseをつけた命令形でアドバイス/May I ask で文を始める/遠慮してほしいことはrefrain from/I don't thinkで控えめな言い方に 他
3か月目
お客様満足のための
接客英語フレーズ
1章 相手の様子を気遣うホスピタリティフレーズ
困惑している相手に思いやりを/~にもかかわらずはdespite/快適な状態はcomfortable/食事中にも細やかなフォローを/褒め上手が日本のイメージアップ 他

2章 ゲストを安心される癒やしのフレーズ
世界に冠たる日本の包装でおもてなし/強要のニュアンスを払拭するmight/誘導するときの必須表現/座るはsit downではなくhave a seat/お世話するのを楽しみにしていると表現 他

3章 上手な案内・説明のフレーズ
ご一行さまはparty/stationではなくstop/向かい側はopposite/心をくすぐる販売トーク/必ず伝えたいお釣りの金額/対応可能なものはWe have...他

4章 言うべきことを丁寧に伝える
丁寧なお断り/mindは「嫌だと思う」という動詞/公の場の禁止事項はnot allow/今も売り切れ中には現在完了形/Your foodを主語にする/would を使って控えめな表現に/閉店はcloseではなくclosed 他

 

■教材構成
テキスト3冊(ワーク付き)、音声CD2枚、提出課題3回

 

■添削方法
本コースは、郵便添削またはWeb添削をお選びいただけます。
お申し込みの際は、A.郵便添削、B.Web添削のいずれかをお選びください。
A.郵便添削→提出課題提出3回
B.Web添削 快速てんさ君→提出課題6回
※ Web添削の学習にはInternet ExplorerがインストールされているWindowsパソコン、Eメールの送受信が可能であることが必要です。

 

受験生のみなさんから寄せられた声

●大変お世話になりました。テキストの内容は実践的で、レベルも自分にピッタリでした。CDで生のヒアリングも出来、発音の勉強にも活用出来ました。似たような講座があれば、ぜひ教えていただきたいと希望いたします。(空輸・40代・男性)

 

●言わなくてもわかるだろう、伝わるだろうと思うことが間違いで、言葉や行動で表現しなければ、相手には伝わらないということを、改めて感じた。学んだ表現を活用し、相互理解に役立てたい。(サービス・40代・女性)

 

●和室にゲスト夫妻を通す時の上座、上席の順番で、海外からのゲストの場合はレディーファーストなので女性が上席になるようにするなど、異文化のことが多く書かれており、勉強になった。(サービス・30代・女性)

 

●通常の会話に何か気の利いたことを言いたいときに何も加われずに寂しい思いをしていましたが、先日、出張先で、朝ホテルの朝食時に“Did you sleep well?”からはじめられたときにはとても会話が弾みました。短いフレーズを覚えていきたいと思います。(地方公務・40代・女性)